pigweed59’s blog

漫画についてあれこれ

れお子 最新

f:id:pigweed59:20171217010730j:plain

レオタードれお子の何番目だっけ?ちょっと失念。年内にアップしたいので今から描きためないと、忙殺されそうで。今日も、知り合いと会うので、その間は漫画制作できません。

れお子

f:id:pigweed59:20171216021813j:plain

見に来てくれる人が1~2人でもいろかぎりアップします。最近、たまに坊主がありますが、以前ほど頻繁でもないような気がします。ま、自分が見てもカウントされるので、相変わらず坊主があったりしても解らないのですが…。

 

上のは、れお子の最新話で、最近アップしてないので適当に見繕ってアップします。この後、色付けします。

 

f:id:pigweed59:20171216234103j:plain

こやって並べると色って凄いと思いますね。全然、世界が違う。もちろん、白黒もいいんです。どっちもイイ。

 

普通、人間の目は可視光線の中で物を見るわけですが、そうすると光のスペクトルに従ってカラーになります。ですが、光が届きにくかったり、弱まったりすると白黒になります。その状態を白日のもとにくっきり見せるのが白黒映像です。日光が照っているのに白黒。日常、生理学的に在り得ない白黒映像。なのに、カラーよりリアリティがあるのはなぜ?

 

いろいろ面白いですね。

2ページ目

f:id:pigweed59:20171213190201j:plain

ちょっと変更しました。白黒は早い。でも、一番はれお子ですね。

 

危機ー2

f:id:pigweed59:20171210002725j:plain

すいません、まだ途中です。今日一日の成果です。酷いですね。いろいろ用事がありまして…それに、アニメも見たいし。ストーリーや演出を考えてたら時間無くなってしまいました。

 

2ページ目なんですけど、いつになったら終わるのか?絶対年内は無理。久々おねェちゃん登場です。

おばさん 8

f:id:pigweed59:20171207055628j:plain

これ、前回の原稿の一番最後のコマ。こうやってイラストにして額に入れると、不思議と普通に、ただの作品にみえます。漫画を読んでない人は、なぜ、題名がおばさんなのか解らないだろうけど。

 

こうしてみると、こういう絵ってあまりないかもしれない。できるだけ、バックだけ入れるようにしてます。多少、人物の納まりかたで描き足します。

 

何かこういう絵でも、結構見てくれるんです。閲覧多いと百を越える作品もあるんです。

パラパラ原稿

f:id:pigweed59:20171205205550j:plain

f:id:pigweed59:20171205205625j:plain

ちょっと、お久ですね。2ページつづけてアップしました。どうも、また無料違法アニメサイトで物色してました。上の漫画のモチベーションになっている、インスパイヤされている、元ネタになっている、最近のシリーズものを2つ観ちゃいました。いろいろ考えさせることが多く、大変参考になりました。

 

可愛いとは、どういうことを云うのか?感動や観たいという欲求は、別々に違う時に、状況に、突然訪れるものか?品がいいとか、奥深い、示唆に富む、話しが魅力的でディテールに凝っている、伏線が心憎いほど秀逸だ…。他いろいろあるがいちいち面倒くさいので割愛。

 

まぁ、自分一人じゃたかがしれてるが、それでもなんとか良い物を創りたい気持ちはいっぱいある。やはり日々、よく見て考える事、これに尽きる。見て、考える。今迄やってきたことだが、たぶんこれしか無いようにおもう。

 

アニメ違法サイトも悪いとは思うが、自分のように果てしなく見続ける人間にとっては、なくてはならないもの。これを、有料健全安全合法アニメサイトで同じ様にやると月にいくらかかることやら…。あ、一応、dアニメストアにはきちんと入ってますよ。

 

まず、アニメを全エピソード見終えたら、また、最初から全部見るんです。そして、1~2週間、頭の中で熟成発酵させてから、もう一度見ます。今度は多少、主題歌や同じ挿入シーンは早送りします。それでも全部、みます。

バカですね。

6頁目で完成

f:id:pigweed59:20171128190325j:plain

一応、終りました。最近思うんですが、こうして描いていると出来上がりという状態って、何だろう?と…。この孤独な作業を終わらせるまさに、至高の状態。ホントにそうだろうか、まだ描き足りないとこがあるんじゃないか?どっか、おかしい表現があるんじゃないか…。

いつまでたっても気になって出来上がらない。名残惜しくなって、ますます離れなくなる。始まりがあれば、必ず終りがある。終わらせる勇気は描き始めの想像力と同じくらい重要かもしれない。